8・文章題
・文章題の基本・目次
・植木算
・和差算
・平均算
・つるかめ算
・集合算


文章題の基礎トレーニングの進め方

初めにお断りですが、文章題の基礎トレーニングは、すべて□を埋(う)めるという形で進めます。

□の場所以外、問題の文章はすべて同じになります。
同じ問題でどこがわからないのかをつかみやすくするためもありますが、問題量が多いので、文章量を減らして見やすくするためです。
むろん、ふつう見られる文章題がこのようになっているわけではありません。

また、ここの文章題で使われている数は、あまり現実的な数ではありません。

1本28円の鉛筆(えんぴつ)なんてのも出てきます。同じ問題をいくつか□の場所を変えてやりますのでね。

なんでそんなことをやるかというと、鉛筆に限らず、品物の値段なんてだいたい想像がつきますので、きちんと計算で答えを出してほしいということと、あまり大きな数だと計算しにくかろう、それと、ちょっとした計算練習と、その確かめの練習を兼(か)ねてという意味合いもあります。

計算と考え方以外ではリアリティのない非現実世界ですので、あらかじめご了承ください。

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.