3・ 図形の性質
・平行・垂直_その1


その1_平行とは?5年

平行な2直線とはば

いつの間にか、「平行」と「垂直」というのが4年生から5年生の単元になってしまいましたけども、実は、これかんたんなんです。かんたんすぎて何を説明したらいいのかわかりません。
でも、いちおう…

平行とは?

どこまで伸(の)ばしても交わらない、つまり、2本のレールのような直線の関係を平行という。

2本の平行線のきょり(はば)は どこも同じだよ。
2本の平行線のきょりというのは、道路の道はばのようなもので、道を最短きょりで直角に横切っていく時のきょりだと考えるといい。

たとえば、君が通行量の多い道路の片側にいる。
のどがかわいたのであたりをキョロキョロすると、道路のななめ向かいに清涼(りょう)飲料水の自動販(はん)売機がある。
その時、君は道路をどのようにわたるだろうか? 車びゅんびゅん走ってるんですが。多分、少し道路に沿って横に移動し、自動販売機のちょうど前まで来て、車の通行量が少なくなった時を見はからってから横断するよね。

この最短きょりを道路の道はば、図形の2本の平行線で言えば、「平行線のはば」って言うんだね。図形の高さを考える時に重要だからよく覚えておこうね。
まちがっても、道路をななめにわたったりしちゃだめだよ

ついでに、平面ではなく空間で平行を考えると、次のような直線も平行といいます。
直方体(立方体)で考えると、赤くぬった辺4本はすべてたがいに平行です。
つまり、1本の辺に平行な辺は3本あるということですね。

空間での平行とは

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.