2・単位と単位量
・いろいろな単位
時間の計算
速さの基本的な考え方
・秒速・分速・時速_その1


その1_速さの3つの単位6年

速さという単位量

速さの基本的な考え方」では、分速の世界で、速さとはどういうものか、「道のり」、「速さ」、「時間」の3つの量の関係を考えましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

「分速」だけで、「道のり」、「速さ」、「時間」のそれぞれを簡単に求める練習をしてきましたが、実は、この3つの中で、「速さ」だけは特別な存在なんです。

「道のり」は、長さの単位(cm、m、km)。「時間」は、時間の単位(‥;)(秒、分、時間)。
ところが、「速さ」というのは、「単位量」なんですね。

簡単に言うと、ことなる単位どうしでわり算すると、「単位量」になります。
たとえば、「牛肉300gが900円」。
900円÷300=3円で、単に900円を300等分しただけです。ところが、
900円÷300gとすると3円ですが、単なる3円ではありません。1gあたり3円という「単位量」になります。

「速さ」というものも、代表的な「単位量」です。
「単位量」についてはここではくわしくふれませんが、「速さ」を理解するには、まず「長さ・道のり」の単位を習得し、次に「時間」の単位を習得、そして「速さ」に挑むという段階的なプロセスが必要です。

3つのことなる速さの単位

ここでは、さらに「秒速」と「時速」の2つを加えて、これら3つの速さの表し方を考えましょう。
同じ速さが「秒速」、「分速」、「時速」の3とおりに表すことができるということです。

なんでそんなめんどうなことしなきゃならないのか?
1つは、自動車の速さはふつう時速60Kmなんてのになじんでるし、人が歩くのに秒速2mって言ってもピンとこないですよね。
それに、かかる時間が「分」の場合は、速さを分速にそろえないといけませんしね。
要するに、かかる時間の単位と速さを表す時間の単位を同じにしておかないとかけ算ができないのですね。

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.