2・単位と単位量
いろいろな単位
時間の計算
・速さの基本的な考え方_その3
秒速・分速・時速

2・単位と単位量…速さ・時間・道のりの関係・かかる時間を求める

3_速さの基本的な考え方・その3

・その3_ かかる時間を求めよう…6年

「速さ・時間・道のりの関係」から、いずれか2つから残りの1つを求める第2弾。こんどは「かかる時間を求める」。
・かかる時間は、道のりを速さで割って求める。


・その3_かかる時間を求めよう6年

速さを考える時の3つの量の関係。2つ目は、かかる時間を求める。

やはり、家から学校までどれくらい時間がかかるか。

「家から1200mのところに学校があったとしましょうか。ある日、分速100mの速さで歩いて学校に行きました。学校に着くまで何分かかりますか」

道のりを考える時、どのようにして求めたか?
そのことを頭の中に入れながら、考えてみよう。逆算すればいいんです。

1分間に100mずつ歩けば、4分間でどれだけ歩くかは、「道のり=速さ×かかる時間」で、分速100m×4分=400mだったよね。
こんどは、「分速100m×□分=400m」で、□を求める。4分は、400m÷分速100mで求めることができる。

・かかる時間=道のり÷速さ

てなわけで、また分速の世界で練習してみよう。

・例題:その3_かかる時間を求めよう

次の□にあてはまる数を書き入れなさい。

(1) 800mの道のりを1分間に80mずつ歩けば、何分かかりますか。

(2) 分速65mで□分間に歩く道のりは585mです。

(3) 家から学校まで毎分75mで歩くと□分かかりました。家から学校までは1050mあります。

(4) 分速160mで□分間で走る道のりは2.4Kmです。

(5) 分速0.6Kmで□分間に進む道のりは9600mです。

【考え方と答え】

いちばん注意しなければいけないことは、道のりを速さで割る時に、道のりと速さの長さの単位を同じにしないと計算できないことね。「速さ」で割るという感覚に慣れようね。

(1) 「800m」と「1分間に80m」の、道のりと速さの長さの単位が「m」で同じだから、割り算できる。800÷80=10(分)。

(2) 585÷65=(分)。

(3) 1050÷75=14(分)。

(4) 「分速160m」は「m」、「道のり2.4Km」は「Km」だから、「m」か「Km」のどちらにそろえないと計算できないよ。だって、160mを何倍しても、その答えの単位は「m」だもんね。
「m」にそろえたほうが計算が簡単だから、「m」にそろえてやってみる。2.4Km=2400m。
2400÷160=15(分)。

(5) これも、「分速0.6Km」は「Km」、「道のり9600m」は「m」だから、「m」か「Km」のどちらにそろえないと計算できない。
「道のり9600m」を「道のり9.6Km」としても計算できるけど、小数÷小数の計算になるので、ここでは「分速0.6Km」を「分速600m」に直して計算してみるね。
「分速0.6Km」と「分速600m」は、まったく同じ速さだよ。
9600÷600=16(分)。

 

■練習問題 ■ ・ その3_かかる時間を求めよう  【答え】

次の□にあてはまる数を書き入れなさい。

(1) 980mの道のりを1分間に70mずつ歩けば、何分かかりますか。

(2) 分速80mで□分間に歩く道のりは880mです。

(3) 家から学校まで毎分65mで歩くと□分かかりました。家から学校までは1170mあります。

(4) 分速140mで□分間で走る道のりは2.1Kmです。

(5) 分速0.4Kmで□分間に進む道のりは6400mです。


■練習問題 ■ ・ その3_かかる時間を求めてみよう・  【答え】
(1)14分 (2)11 (3)18 (4)15 (5)16

その3_かかる時間を求めてみよう にもどる

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.