2・単位と単位量
いろいろな単位
時間の計算
・速さの基本的な考え方_その2
秒速・分速・時速

2・単位と単位量…速さ・時間・道のりの関係_かかる時間

3_速さの基本的な考え方・その2

・その2_ 道のりを求めてみよう…6年

速さの考え方の基本は「速さ・時間・道のりの関係」を理解し、どの2つからも残りの1つを求めることが出来るようにならなければなりません。
まず、分速だけの問題で慣れてください。ふつうは、「時速を分速に」とか「秒速を分速に」といった変換作業が必要になる場合が多いですからね。
道のりは、速さにかかる時間をかけて求める。


・その2_道のりを求めてみよう6年

速さを考える時、3つの量の関係をしっかり理解する必要がある。まずは、1つ目、道のりを求める。
前に挙げた学校まで通学する例で、具体的に考えてみます。

あなたの学校は山の上にあって、あなたは、行きは1分間に30mの速さで歩いて通学します。
ある日、通学にかかる時間を計ると、行きにかかった時間は40分でした。あなたの家から学校まで何mありますか。

「1分間に30mの速さ」は、「分速30m」とか、毎分「30m」と同じ意味。
1分間に30mの速さで40分かかったというのは、40分は1分の40倍だから、1分間に歩く30mの40倍の道のりを歩いたということ。
したがって、30×40=1200で、1200m

・道のり=速さ×かかる時間

いちばん注意しなければならないのは、速さが分速なら、かかる時間は必ず分の単位に直してそろえておくことですね。

さっそく、練習。

・例題:その2_・道のりを求めてみよう

次の問いに答えなさい。

(1) 1分間に100mずつ歩けば、4分間でどれだけ歩くことになりますか。

(2) 分速80mで10分間に歩く道のりは何mですか。

(3) 家から学校まで毎分120mで歩くと8分かかりました。家から学校まで何mありますか。

(4) 分速120mで15分間で走る道のりは何Kmですか。

(5) 分速1.5Kmで3分間に進む道のりは何mですか。

【考え方と答え】

ほかの注意しなければならないことは、次に書いておきますからしっかり頭の中に入れといてね。あとは、小数になっても分数になっても考え方はまったく同じ。
要は、いちばん簡単な整数のモデルでできちんと式を書けるようにすればいい。

(1) 100m(1分)100m(1分)100m(1分)100m(1分)、てなことで1分間の4倍歩くことになる。
100×4=400(m)

(2) 80×10=800(m)

(3) 道のりというのはふつう、「どこからどこまでの道のり」をさすのか考える必要があるね。120×8=960(m)

(4) 120×15=1800(m)。ここで大事なことを1つ。120×15で計算した単位はm。「何Kmですか」と聞かれているから、「m」の単位を「Km」に直しておく必要がある。このように、道のりの単位を常に意識しておく必要があるのね。1800m=1.8(Km)

(5) 「進む道のりは何mですか」と聞かれていることと、分速の単位が「Km」になっていることに注意。次のような2とおりの計算のしかたがある。
その1…1.5×3=4.5(Km)。4.5Km=4500m。
その2…先に分速1.5Kmを分速1500mに直しておく。分速1.5Kmと分速1500mは、まったく同じ速さだよ。1500×3=4500(m)

 

■練習問題 ■ ・ その2_・道のりを求めてみよう  【答え】

次の問いに答えなさい。

(1) 1分間90mずつ歩けば、6分間でどれだけ歩くことになりますか。

(2) 分速75mで8分間に歩く道のりは何mですか。

(3) 家から学校まで毎分70mで歩くと12分かかりました。家から学校まで何mありますか。

(4) 分速150mで18分間で走る道のりは何Kmですか。

(5) 分速0.7Kmで5分間に進む道のりは何mですか。


■練習問題 ■ ・ その2_・道のりを求めてみよう・  【答え】
(1)540m (2)600m (3)840m (4)2.7Km (5)3500m

その2_・道のりを求めてみよう にもどる

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.