2・単位と単位量
いろいろな単位
時間の計算
・速さの基本的な考え方_その1
秒速・分速・時速


・その1_速さの単位ってなあに?6年

算数の世界では、「速さの単元」は「割合」と並んで習得するのに時間がかかる単元です。難しく感じられる理由の1つは、「3つのことがら」の関係を考えなくてはならないからです。

「割合」では、「もとになる量(比べられる量)」、「比べる量」、「割合」でしたが、「速さの単元」では、「みちのり」、「速さ」、「かかる時間」の3つの量の関係を考えなくてはなりません
それに、この単元を理解する前提として、「時間の単位」の考え方と計算する力を必要とします。

少し、「速さの単位」ってどういうものなのか、かんたんな具体的を挙げてみます。

だれしもが毎朝?、通学するよね。もしあなたの学校が山の上にあって、行きはフーフー、帰りはスイスイだとして、家から1200mのところにあったとしましょうか。

当然、行きは上り坂だから帰りより時間がかかるよね。ある日、通学にかかる時間を計ると、行きは40分、帰りは15分だったとしよう。なんでだろう?
当然、行きの方が上り坂で、歩くのがおそいし、帰りは下り坂で歩くのが速いからだよね。

この「歩くのがおそい」とか「歩くのが速い」ってのが「速さ」ってやつで、それを正確に数値で表したのが「時間の単位」をもとにした単位量なんだよ。

たとえば、歩く速さが分速100mとか毎分100mとかいうのは、1分間に100mずつ歩く速さのことを言う。
だから、2分歩けば200m、3分歩けば300m、4分歩けば400m…、と歩く道のりが1分間に100mずつ増えていく。

よく使う「時速」、「秒速」などといっぺんにやるとややこしいから、とりあえずは「分速」の世界で遊んでみよう。


楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.