2・単位と単位量
・いろいろな単位
・時間の計算_その9
速さの基本的な考え方
秒速・分速・時速

2・単位と単位量…時間の割り算

2_時間の計算・その9

・その9_時間の割り算・1…4年

時間の四則計算の最後は、時間の割り算。時間の割り算には2とおりの計算があります。その第1弾。ある時間の長さをいくつかに等分すると、その1つあたりはどれだけの時間の長さになるか?


・その9_時間の割算・14年

今度は、「時間の割算」。
「時間の足し算」、「時間の引き算」、「時間のかけ算」とやったから、時間の四則計算の最後ということで、ついでに割り算にも挑戦。

ただし、割り算は2つの意味があるので注意。これは時間の割り算に限らないけどね。式の意味を考えるトレーニングでもある。

★割り算には2つの意味がある。
・6時間÷3=2時間…6時間を3等分すると1つはいくらの量になるか?
・6時間÷3時間=2…6時間の中に3時間はいくつあるか?

「時間の割算」は、時間のくり下がりに注意しなければならない。
「時間の足し算」と「時間のかけ算」は、くり上がり、「時間の引き算」と「時間の割算」はくり下がりということだね。

・例題:その9_時間の割算・1

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 48分÷6=□分

(2) 18時間÷9=□時間

(3) 1分10秒÷5=□秒

(4) 2時間20分÷7=□分

(5) 31分15秒÷3=□分□秒

(6) 18時間24分÷8=□時間□分

【考え方と答え】

まずは、お手やわらかに。何分(時間)を何等分かすると1つはいくらの量になるか?という方の意味の割り算。
(3)からはくり下がりを考えなければならないね。

(1) 48分を6等分すると1つはいくらの量になるか。48分÷6=8で、分。

(2) 18時間÷9=2で、時間。

(3) 1分の1は5で割れないから、1分をくり下げて秒にして10秒に足す。
60+10=70で、1分10秒=70秒。70÷5=14秒。

(4) 2時間の2は7で割れないから、2時間をくり下げて分にして20分に足す。60×2=120(分)。
120+20=140で、2時間20分=140分。140÷7=20分。

(5) 31分÷3=10分あまり1分で、あまった1分をくり下げて秒にして15秒に足す。
60+15=75(秒)。75÷3=25(秒)。
10分25秒1025

(6) 18時間÷8=2時間あまり2時間で、あまった2時間をくり下げて分にして24分に足す。
60×2+24=144(分)。144÷8=18(分)。
2時間18分時間18

 

■練習問題 ■ ・ その9_時間の割算・1     ・【答え】

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 56分÷8=□分

(2) 20時間÷4=□時間

(3) 1分36秒÷6=□秒

(4) 7時間12分÷9=□分

(5) 9分28秒÷4=□分□秒

(6) 16時間35分÷5=□時間□分


■練習問題 ■ ・ その9_時間の割算・1・  【答え】
(1)7 (2)5 (3)16 (4)48 (5)2,22 (6)3,19

・その9_時間の割算・1 にもどる

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.