2・単位と単位量
・いろいろな単位
・時間の計算_その5
速さの基本的な考え方
秒速・分速・時速

2・単位と単位量…時間のかけ算を理解しよう

2_時間の計算・その5

・その5_時間のかけ算・その1…4年


・その5_時間のかけ算・その14年

今度は、「時間のかけ算」。
エェーッと思うでしょうね。やったことない人も多いかも。
でも、ほんとはここが「時間の計算」でいちばん大事なところ。あえて「時間のかけ算」を取りあげるのにはわけがあります。

いちばん大事な「時間の単位」で、「ブロック(1つのまとまり)で考える」と「分配の決まり」を感覚的に身につけてほしいということです。

今は何のことかわからないかもしれませんが、そのうち、じわじわっと効(き)いてきます。
算数と数学でつまずかないための大事な脳筋トレーニング。ここは段階的に問題のレベルを上げて徹底的にやります。だまされたと思ってやってみることをおすすめします。

かんたんに言うと、次のようなトレーニングをやるということです。それと、もう1つのキーワードは「単位のくり上がり」。「10進数のくり上がり」と区別できるようにするということかな。

・1時間10分15秒=1時間+10分+15秒。
1時間10分15秒×3=(1時間+10分+15秒)×3
1時間×310分×315秒×3


・例題:その5・_時間のかけ算・その1

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 2時間10分×5=□時間□分

(2) 8分12秒×4=□分□秒

(3) 3日3時間×6=□日□時間

(4) 4時間9秒×3=□時間□秒

(5) 1日6分×8=□日□分

(6) 4時間12分22秒×2=□時間□分□秒

(7) 5日3時間17分×3=□日□時間□分

(8) 2日3時間8分10秒×4=□日□時間□分□秒

【考え方と答え】

まずは、くり上がりのないかけ算でね。
なお、時刻と時間を区別するために、「2時間10分×5」のように記しました。、本によっては「2時10分×5」という表記になってますが、まったく同じ計算です。

(1) 2時間10分×5は、2時間5つ分と10分5つ分を足したもので、別々に計算する。
2時間10分×5=2時間×510分×510時間50分。

(2) 8分12秒×4=8分×412秒×43248秒。

(3) 3日3時間×6=3日×63時間×61818時間。
7日で1週間だから、18÷7=2余り4で、2週間4日18時間だけど、今は□を求めるだけということでね。

(4) 「分」がないけど、気にしない。なくても考え方は同じ。自信のない方は「時間の単位(3)」を復習しておくといいよ。
4時間9秒×3=4時間×39秒×312時間27秒。

(5) ここも「時間」がないけど、気にしない。1日6分×8=1日×86分×848

(6) こんどは、「時間」と「分」と「秒」の3つだけど、考え方は同じだよ。
4時間12分22秒×2=4時間×212分×222秒×2時間2444秒。

(7) 5日3時間17分×3=5日×33時間×317分×315時間51分。

(8) 2日3時間8分10秒×4=2日×43時間×48分×410秒×412時間3240秒。

 

■練習問題 ■ ・ その5・_時間のかけ算・その1  【答え】

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 3時間15分×3=□時間□分

(2) 7分10秒×5=□分□秒

(3) 2日5時間×4=□日□時間

(4) 2時間8秒×6=□時間□秒

(5) 3日4分×9=□日□分

(6) 3時間11分12秒×4=□時間□分□秒

(7) 8日9時間29分×2=□日□時間□分

(8) 1日2時間13分6秒×4=□日□時間□分□秒


■練習問題 ■ ・ その5・_時間のかけ算・その1・  【答え】
(1)9,45 (2)35,50 (3)8,20 (4)12,48 (5)27,36 (6)12,44,48 (7)16,18,58 (8)4,8,52,24

その5・_時間のかけ算・その1 にもどる

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.