2・単位と単位量
・いろいろな単位_その3
時間の計算
速さの基本的な考え方
秒速・分速・時速

2・単位と単位量…重さの単位を考えよう

いろいろな単位 _その3

・その3_重さの単位…4年

よく使う重さの単位は、意外と簡単かも。大きな重さの単位と小さな重さの単位の関係は、1000倍、1000分の1でだいたい間に合います。
これもしっかり使いこなせるようになろう。


・その3_重さの単位4年

ふつうによく使う重さの単位は少ししかないから、ご安心を。

大きな単位としてはkg(キログラム)、小さな単位としては(グラム)かな。
1gの1000分の1ということでmg(ミリグラム)もあるけど、まだあつかいません。

例によって、kgの左のkは1000倍という意味で、1gの1000倍ということになる。

特に重いものには t(トン)などもよく使うね。
1tは1000kg。ブタ1ぴきの重さが1トンなんて…。じょうだんですよ、本気にしないように。4t積みトラックとか、大豆を10万トン輸入するとかね。

それと、お肉屋さんで、お肉400gくださいなんてのは、100g単位でお肉の値段と量を考えているのね。

   ・1t= 1000kg (1000kg= 1t )
   ・1kg =  1000g  (1000g = 1kg  )

上の公式を頭に入れておいてから、重さもいちばん低学年ぽいのを。

・例題:その3_重さの単位

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 3t=□Kg

 (2) 4t200Kg=□Kg

(3) 8Kg=□g

 (4) 9Kg400g=□g

(5) 3700g=□Kg□g

 (6) 3060g=□Kg□g

(7) 20t80Kg=□Kg

 (8) 10Kg20g=□g

(9) 50700g=□Kg□g

(10) 8t30Kg=□g

【考え方と答え】

やはり、ポイントは長さの単位と同じく、「0」を入れるかいれないか

(1) 3000Kg。

(2) 4t200Kg=4000Kg+200Kg=4200Kg。

(3) 8000g。

(4) 9Kg400g=9000g+400g=9400g。

(5) 3700g=3000g+700g=3Kg+700g=Kg700g。

(6) 3060g=3000g+60g=3Kg+60g=Kg60g。

(7) 20t80Kg=20000Kg+80Kg=20080Kg。

(8) 10Kg20g=10000g+20g=10020g。

(9) 50700g=50000g+700g=50Kg+700g=50Kg700g。

(10) 最後は、Kgじゃなくgに直すから、ちょいむずい。
8t30Kg=8000Kg+30Kg=8000000g+30000g8030000g。

■練習問題 ■ ・ その3_重さの単位・  【答え】

次の□にあてはまる数を求めなさい。

(1) 2t=□Kg

 (2) 1t500Kg=□Kg

(3) 4Kg=□g

 (4) 3Kg700g=□g

(5) 6300g=□Kg□g

 (6) 8040g=□Kg□g

(7) 50t50Kg=□Kg

 (8) 70Kg9g=□g

(9) 10200g=□Kg□g

(10) 6t50Kg=□g

まあ、これぐらいで。あとはプリントで練習してみてねw。


■練習問題 ■ ・ その3_重さの単位・     【答え】
(1)2000 (2)1500 (3)4000 (4)3700 (5)6,300 (6)8,40 (7)50050 (8)70009 (9)10,200 (10)6050000

重さの単位 にもどる

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.