2・単位と単位量
・いろいろな単位_その1
時間の計算
速さの基本的な考え方
秒速・分速・時速


・その1_単位ってなあに?4年

単位が分からない?

算数・数学を勉強している時、単位のことを気にかけていますか?あるいは、単位がいまいちわからない、うっとおしいなんてことはないですか?
どうして1Kmは1000mで、100mじゃないんだなんて思われた方いませんか?

算数・数学や理科に限らず、単位はつきものですので、早めに正確に覚えるよりほかありませんね。覚えないとどうにもなりませんからね。
ある程度、単位の記号・文字に意味がありますので、それも覚えた方がまちがえにくくなります。たとえば、
「1Km」の「K」は、1000倍という意味です。

長さや重さやかさ(体積)などの量を表すときには単位をつけるよね。
たとえば、家から駅までのきょりは1km、食べたこのビーフステーキは150g、1L(リットル)入りの牛乳パックなどなど、単位がないと何のことかさっぱり分からない。

でも、いちばんわかりやすい単位はお金かも?…。
お札(さつ)で考えれば、1万円札は千円札10枚に交換(こうかん)できるから、1万円札=10千円札で、両方ともりっぱな単位です。???
つまり、1kg=1000gと同じ発想ですね。

大きな単位と小さな単位

単位は量を表し、同じ量の世界では交換(かん)できる。

そして、これは一番大事なことなんだけれど、単位には大きな単位小さな単位がある。
「kg」が大きな単位、「g」が小さな単位ですね。

いちばん身近な?お金で言えば、「1万円札」が大きな単位、「千円札」が小さな単位。
目に見えて交換できるお金を全部挙げちゃうと、小さな単位から大きな単位へ順に、1円、5円、10円、50円、100円、500円、1000円、2000円(なんてのもありますね)、5000円、10000円。

だれが交換してもまったく同じように交換できるものは単位だと考えるといいんです。
100円玉は、1円玉に交換すると100枚に。1000円札5枚で5000円札1枚にね。
「長さや重さや広さ、かさ」などもお金と基本的に同じ。それぞれが、「1円、5円、10円…10000円」のように何種類かの単位を持って、それを交換する作業が必要になるということでしょう。

大きな単位を小さな単位に交換する

「大きな単位を小さな単位に交換する」のは、わりと簡単。

たとえば、あなたが友人に一万円札を千円札に両替してくれと言われたら、10枚渡すでしょ。まちがっても15枚渡しませんよね(‥;)。
また、全部千円札でなくてもいいのであれば、5000円札1枚と千円札5枚でもいいよね。

ざっと、こんな感じで大きな単位を小さな単位に交換します。単位がお金でなくても、基本となる考え方は変わりませんからね。

小さな単位を大きな単位に交換する

こちらは、簡単なのと難しいのがあります。

簡単なのは、千円札20枚を一万円札に両替してくれってやつ。
2枚渡せばいいでしょ。

じゃあ、難しい方でこんなのは。千円札15枚全部を一万円札に両替してくれって言われたら…。ふだんの暮らしでは「5枚足りないよ、5000円札が交じるけどいいの」ですむけど、算数の世界ではこれをやらなければならないのですね。

どうすればいいでしょう。答えは、一万札を1枚渡し、もう1枚の一万札をはさみで半分に切って渡すです。
算数では、1.5一万円ってな感じの小数に直すんですね。

ついでに、もう1つ例を。
たとえば、千円札を1万円札に両替する時は、1万円札をはさみで10枚に切ってそのうちの1枚をあげることになる。算数の世界ではこれを、0.1万円とか10分の1万円とか言うんですね。

どちらの単位にも交換できるようにしよう

まず、このことを頭の中に入れておいてください。

大きな単位を小さな単位に変えると数が増える。一万円札を千円札に両替するケースですね。
小さな単位を大きな単位に変えると数が減る。千円札15枚全部を一万円札に両替するケースですね。

小さな単位を大きな単位に変える方はちと難しいと言いましたが、これは小数や分数を使わなければならない場合があるからです。
これは大事なポイントの1つだから、頭の片ずみに入れておいてね。

まず、一万円札(大きな単位)は千円札(小さな単位)何枚に当たるか覚えましょう。次に、一万円札(大きな単位)を千円札(小さな単位)に、その次は、千円札(小さな単位)を一万円札(大きな単位)に変える方法を練習して覚えましょう。

楽学考房算数・ 国語の学習コツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.