1 ・数と計算
・足し算と引き算_その3
・暗算練習
・かけ算とわり算
・加減乗除
・小・ 中・ 大かっこ
・逆算
・小数と計算
・分数と計算
・整数の性質
・虫食い算

1・数と計算…足し算と引き算の組み合わせ計算を確実に

足し算と引き算_その3

・その3_ 足し算と引き算の筆算・1…4年

3つの数で、和と差の組み合わせ計算を考えてみましょう。よくかんちがいしてまちがった計算をする人が多いようです。
とても重要な考え方で、感覚的にきちんと理解しておけば、算数・数学の学習効率がアップすると思います。


・その3_ 足し算と引き算の筆算・14年

足し算と引き算、それぞれできるようになりましたか?
それでは、次に足し算と引き算を組み合わせた計算を考えてみよう。

足し算と引き算はセットにして考えるのがよい。計算の練習というよりも、計算の考え方に重点を置いてみるね。
次のような簡単なモデルで考えてみよう。

・例題:その3_足し算と引き算の筆算・1

次の計算をしなさい。

(1) 200+50+100=

(2) 200+100−50=

(3) 200−75−25=

(4) 200−25+75=

【考え方と答え】

3つの数を足したり、引いたり、ただそれだけだけどね。
ふつうは、左から順に足したり引いたりしていくと思うけど、こんな計算の仕方もあるよ。

初めに200円持っていて、+がもらう(拾う)、−があげる(落とす)だと考えてみよう。
要は、初めの200円がどれだけ増えるか、どれだけ減るかを考えるんだね。

(1) 50円もらって、また100円もらう。合わせて150円増える。
200円+150円で350円。

(2) 100円もらって、50円あげる。100−50=50で、差し引き50円増える。
200円+50円で250円。200−50=150、150+100=250と計算してもいい。

(3) 75円あげて、さらに25円あげる。気前のいい人だね。
75+25=100で、100円減ることになる。200−100=100。
引き算の後では、75−25=50、200−50と計算しちゃダメ。

(4) 25円あげて、75円もらう。75−25=50で、差し引き50円増えることになる。
200+50=250。引き算の後では、25+75=100、200−100と計算しちゃダメ。この計算をする人けっこう多いよ。
 注意!!

(1) 350 (2) 250 (3) 100(4) 250 

以上、4つの計算をまとめてみました。初めから順に計算するのははぶきますが。
赤いわくで囲ったところは、先に計算していいところです。

・200+50+100=200+50+100
・200+50+100=200+100+50

・200+100−50=200+100−50
・200+100−50=200−50+100

・200−75−25=200−7525
・200+100−50=200−50+100

・200−25+75=200+75−25
・200−25+75=200+75−25
※ 引く数より足す数がいくら多いかを考える。

■練習問題 ■ ・ その3_ 足し算と引き算の筆算・1  【答え】

次の計算をしなさい。

(1) 300+240+160=

(2) 500+340−40=

(3) 600−135−65=

(4) 400−195+5=


● 練習問題の答え

■練習問題 ■ その3 たし算と引き算の筆算・1     【答え】
(1)700 (2)800 (3)400 (4)210

その4 たし算と引き算 の筆算・1 にもどる

楽学考房算数・ 国語学習とコツとツボ…楽しく学んで考えよう♪ Topページへ戻る

Copyright (C) 2006-Rakugakukobo
All Rights Reserved.