ご訪問いただき、まことにありがとうございます。
ここで、算数のサンプルプリントを閲覧出来ます。あるいはダウンロードしてお試しいただけます。

☆単位の仕組みと計算(長さ・重さ・かさ)・入門のサンプルPDF

下のサンプルファイル名をクリックしてください。PDF ファイルが開きます(別窓で開きます)。

教材の内容と特徴


☆単位の仕組みの理解と計算力は大事

小・中・高を問わず、単位が苦手だという人は意外と多いように思います。算数と数学をやる以上、単位は避けて通れません。理科においても同じことが言えます。
中学生になって数学をやるようになると、文字を使って単位を表す必要性が出てきますので、小学校で算数をやっている間に単位というものにきちんと向き合い、単位の仕組みと計算方法を確実に理解しておく必要があると思います。

このプリント集は、単位学習の第一歩として十進数の単位を念頭に置いて、身近で基本となる「長さ・重さ・かさ」の単位を取り上げております。
時間の単位も重要ですが、十進数の単位ではなく、習得にもくふうが必要だと思いますので、単位学習の次のステップとして別に取り上げます。

小数をふくむ十進数の単位の世界で、単位の考え方と計算方法にじゅうぶん慣れておいていただきたいと考えます。

「かさ」は「体積」として小学校高学年で再び習うことになります。ここであつかう「かさ」は「L・dL・mL・kL」の「リットル系の単位」です。「長さ・面積・体積系」の「cm・m」は別に取り上げます。こちらは単位の考え方が大きく異なり、少し難しく感じるからです。

☆このプリント教材の構成

◎ 解説と例題・練習問題
00_初めに_教材の説明と使い方(単位_長さ・重さ・かさ_入門編)
01_単位の基本と大きい単位・小さい単位(解説)
02_単位の基本と大きい単位・小さい単位(練習問題)
03_長さの単位の基本(解説)
04_長さの単位の基本(練習問題)
05_長さの単位・足し算と引き算_その1(解説)
06_長さの単位・足し算と引き算_その1(練習問題)
07_長さの単位・足し算と引き算_その2・逆算(解説)
08_長さの単位・足し算と引き算_その2・逆算(練習問題)
09_長さの単位と小数(解説)
10_長さの単位と小数(練習問題)
11_長さの単位と分数(解説)
12_長さの単位と分数(練習問題)
13_重さの単位の基本(解説)
14_重さの単位の基本(練習問題)
15_重さ・足し算と引き算_その1(解説)
16_重さ・足し算と引き算_その1(練習問題)
17_重さ・足し算と引き算(逆算)(解説)
18_重さ・足し算と引き算(逆算)(練習問題)
19_時間の単位のかけ算_2(解説)
19_重さの単位と小数(解説)
20_重さの単位と小数(練習問題)
21_重さの単位と分数(解説)
22_重さの単位と分数(練習問題)
23_かさの単位の基本(解説)
24_かさの単位の基本(練習問題)
25_かさの単位・足し算と引き算(解説)
26_かさの単位・足し算と引き算(練習問題)
27_かさの単位・足し算と引き算(逆算(解説)
28_かさの単位・足し算と引き算(逆算)(練習問題)
29_かさの単位と小数(解説)
30_かさの単位と小数(練習問題)
31_かさの単位と分数(解説)
32_かさの単位と分数(練習問題)
33_補足_単位の意味と計算(例題と解説)
34_補足_単位の意味と計算・入門編
35_補足_単位の意味と計算・標準篇
36_補足_単位の意味と計算・チャレンジ篇

☆このプリント教材の使い方

それぞれのプリントは、「問題のプリント1枚」と「そのプリントの問題解法に必要なポイントのまとめ_解答1枚」あるいは「式と解答」の2枚でセットになっています。
18から20の「補足_単位の意味と計算」は、問題のみで、「要点のまとめ」はありません。

★それぞれの「問題のプリント」は問題のみで、簡単な問題から少しずつ難しくなるように数字をくふうしておりますので、まず「問題のプリント」をやってから「そのプリントの問題解法に必要なポイントのまとめ」をご覧になってもけっこうです。
その場合、お母様方が小学生のお子さんにやらせる場合は、1題ずつ○つけをする、まちがえた場合はその場で間違い直しをさせてから先の問題に進むというやり方で学習させてください。子どもに喜んで問題をやらせる秘訣です。
逆に「そのプリントの問題解法に必要なポイントのまとめ」で単位の問題の解法を理解してから「「問題のプリント」に取り組まれてもかまいません。

★問題は、やさしい問題Aと少し難しい問題Bから構成されています。 この順に1題ずつ確実に答え合わせをしてから次の問題に進むというやり方がお薦めです。

★まちがった問題は赤で直さず、黒のえん筆で直し、赤ではなく別の色で丸をつけておき、時間をおいてもう一度解いてみるようにしましょう。 これが確実に実力をつけるコツだと考えます。