ご訪問いただき、まことにありがとうございます。
ここで、算数のサンプルプリントを閲覧出来ます。あるいはダウンロードしてお試しいただけます。

☆速さ・時間・道のりの関係のサンプルPDF

下のサンプルファイル名をクリックしてください。PDF ファイルが開きます(別窓で開きます)。

教材の内容と特徴

楽学考房・算数強化書シリーズ の特徴は、○ ●○
算数・数学_確かな学力を培う重要な考え方を順を追って着実にステップアップ
今までにないユニークな視点と発想から生まれたオリジナルプリント
算数・数学のツボを無理なく無駄なく徹底トレーニング


☆速さの習得はどうすれば可能か。

小中学生の皆さんのみならず、高校生の方も「速さの問題」が苦手だという声はよく耳にします。
「速度」は「単位量」の代表選手で、時間の1つの単位と長さ(道のり)の1つの単位、計2つがふくまれています。

また、時間の単位には「時間」「分」「秒」などがあり、長さの単位には「cm」「m」「km」などがあり、その組み合わせの中から1つの「速度という単位量」が出来るわけです。
さらに、道のりを求める時には、「時速×時間」「分速×分」「秒速×秒」と決まっています。

さらに、
道のり=速さ×時間、かかる時間=道のり÷速度、速度=道のり÷かかる時間といった3つの関係式をしっかり身につけておかなければならないのです。
よく、「はじみ」といって、2段の式で「速さ・時間・道のりの関係」を覚えればいいなどとやりますが、ほとんど気休めかもしれませんね。

速さ
時間 道のり

おまけに、中学生になって数学をやるようになると、文字を使って時間や速さの単位を表す必要性が出てきますので、小学校で算数をやっている間に時間と速さの単位というものにきちんと向き合い、速さの仕組みと計算方法を確実に理解しておく必要があると思います。

以上の点を踏まえて、速さの単位や速さ・時間・道のりの関係を段階的に確実に習得できる教材を作製いたしました。

なお、速さを理解するには、時間の単位と計算が理解できるということが前提になります。ご承知おきください。

☆このプリント集の構成

◎ 解説と例題・練習問題
00_初めに_教材の内容と使い方(速さの単位と速さ・時間・道のりの関係)
01_速さとは何か?・入門篇・簡単な道のりの求め方(解説)
02_速さとは何か?・入門篇・簡単な道のりの求め方(練習問題)
03_速さとは何か?・入門篇・簡単なかかる時間の求め方(解説)
04_速さとは何か?・入門篇・簡単なかかる時間の求め方(練習問題)
05_速さとは何か?・入門篇・簡単な速さの求め方(解説)
06_速さとは何か?・入門篇・簡単な速さを求め方(練習問題)
07_速さとは何か?・速さの考え方の基本(解説)
08_速さとは何か?・速さの考え方の基本(練習問題)
09_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換1(解説)
10_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換1(練習問題)
11_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換2(解説)
12_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換2(練習問題)
13_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換3(解説)
14_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換3(練習問題)
15_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換4(解説)
16速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換(練習問題)
17_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換5(解説)
18_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換5(練習問題)
19_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換6(解説)
20_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換6(練習問題)
21_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換7(解説)
22_速さとは何か?・実践篇・速さの単位の変換7(練習問題)
23_実践篇・道のりを求める(練習問題)
24_実践篇・かかる時間を求める(練習問題)
25_実践篇・速さを求める(練習問題)
26__速さ・総合・実践編・1(練習問題)
27__速さ・総合・実践編・2(練習問題
28__速さ・総合・実践編・3(練習問題
29__速さ・総合・実践編・4(練習問題
30__速さ・総合・実践編・5(練習問題
31_実践篇・平均速度(解説)
32_実践篇・平均速度(練習問題)


この教材は、基本的に「各単元の解説」と「その単元の練習問題と解答」でセットになっています。

★それぞれの「問題のプリント」は問題のみで、簡単な問題から少しずつ難しくなるように数字をくふうしております。
お母様が小学生にやらせる場合は、1題ずつ○つけをする、まちがえた場合はその場で間違い直しをさせてから先の問題に進むというやり方で学習させてください。
逆に「そのプリントの問題解法に必要な解説の解法を理解してから「「問題のプリント」に取り組まれてもかまいません。

★まちがった問題は赤で直さず、黒のえん筆で直し、赤ではなく別の色で丸をつけておき、時間をおいてもう一度解いてみるようにしましょう。 これが確実に実力をつけるコツだと考えます。